私のバイクの歴史
私がバイクと初めて出会ったのは16才のころでした。免許を取り念願のバイクを手に入れ寝る間も惜しんで

走り回ったような記憶があります。いろんなバイクを乗り継ぎいろんな場所へも行きました。

ですが、残念な事に昔の写真は写真やカメラに興味がなく写真は撮っておりませんでした。

近年になりデジカメの普及とパソコンのおかげでこうしてデーターとし残せる。ホント便利な世の中ですね。

当然、若い頃なんてカメラすら持ってなかっので、残ってる画像から紹介します。


★レーサーレプリカが流行った80年代 
某峠での写真です。
この写真はもちろん私です。カッコイイ?

膝を地面に擦りアンダーカウルやマフラーも擦り削り
大変な思いをした記憶が・・・。

この他にもRZ250・TZR250・VFR400など乗り継ぎ
週末の早朝、まだ朝日が昇る前から峠を走り回っておりました。

もちろん、ここは公道、今思えば危険極まりない事で
他人にも迷惑をかけておりました・・・。
と、同時に仲間の事故や怪我など見てきて事故の恐ろしさも
知りはじめた若かれし頃の私でした・・・。

★ビックスクーター
フォルッア250

このバイクの前にカタナ250とカタナ400もありましたが
画像などは残っておりませんのでここまで飛びます。
実はこのフォルッアは2台目で1台目は板金屋さんから
譲ってもらいました。ですが当時の私はマリンジェットや
船遊びに夢中で1台目はそんなに乗ることなく
売却してしまいました。

更なる乗るきっかけは友達のおーちゃんがスカイウェイブを購入、
前にあまり乗らなかったフォルッアを再び購入。
ですが、さすが250CC、何とも非力で友達ののぼる君へ
売却してしまいました。
スカイウェイブ400

フォルッア250を売却し、ビックスクーターを400ccへと
排気量アップ!さすが400ccでした。 高速ツーリングでも
余裕があり苦手だった坂道もスイスイ登ってくれます!

タンデムツーリングなども難なくこなすとても頼もしいヤツでした。

ですが、高山へツーリングへ出かけ、オートマチックの
つまらない走行に飽きがきてしまい、おーちゃんと一緒に
売却してしまいました・・・。

またこれが、某オークションで購入した値段より高く売れた!
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪


★アメリカンバイク
ドラッグスター400

Bigスクーターに飽きた私が次に選んだのはこのDS4でした。
アメリカン=ハーレ?ってイメージが強い方が多いと思いますが
私は少々、違う。 ハーレ=高額 貧乏人には手がでませ〜ん。

って、ワケでもありませんがスタイルが気入り決めました。

ですが、想像とは異なり高速ではそのスタイルから
風をモロに受け夏は小さな虫など顔面どころか全身に
容赦なく降りそそぐ・・・。
ステップは前なので小さな水溜りでもフロントタイヤから
跳ね上げた水がモロに私の靴へと直撃!
神経質の私には耐え難く売却・・・。

それ以外は凄く気にっていたバイクでした。・・・。残念
★再びビッグスクーターへ!
スカイウェイブ400

バイクも女も乗らなきゃ分からない!
って、独自の理論から乗ってみて飽きたら買い換えれば
いいじゃん! と言う結論と今スグ欲しいバイクが無かったので
DS4と入れ替えでスカウェイブ400ウインターバージョンを
買ってみた。 これがナント大当たり?的なバイクでパワーも
装備もそこそこ満足! このバイクは代わりのビックスクーターが
見つかるか、最近、欲しいと思ってるゴールドウイングを
買うまでセカンドバイクとして残す事になりました。

さすがにコレ1台では不満なので更なるバイクも探します。
★ZZR400N
ZZR400N

違う用事で近所のバイク屋さんへ行って見つけました!
委託販売で置いてあったバイクをその場で購入。

ツーリングのメンバーも増え、高速道路の利用回数も増え
高速でも余裕のバイクを!と、思っていた矢先でしたので
買ってしまいました。 が、購入金額を友達のケンちゃんに
話したらオレが欲しい!って、言いだし、優しい私はそのままの
金額で友達のケンちゃんへと売却・・・。

だって、ドカが欲しかったんだもん・・・汗
★ドカティSS400
ドカティSS400

このドカはいろんな思いで購入し、マフラー・ブレーキ・
タイミングベルトなど一気にお金を使い一気に仕上げました。

ですが、思いの他、走らないし乗り辛い・・・。

真夏の空冷エンジンはとてもツーリングには使えず売却。
今さらですが売った事を凄く後悔してます。

ガレージの肥やしに残しておけば良かったな〜ぁ。ヾ(_ _。)ハンセイ…
★VTR1000F ★スカイウェイブ400
ドカを売却後、スポーツバイクが欲しく狙うは
CBR1100XXでしたが何故かVTR1000Fを買っている。
チャンスがあればもう少し速いバイクが欲しい。と思ってます。

用途満載のバイクでした。
いまでも残しておきたい一台と言えるでしょう。


戻る